ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

出張の合間に参戦!2017近畿ジムカーナミドルシリーズ第4戦 初夏のパイロンジムカーナ2戦目(後半)

2017.06.25

2017近畿ジムカーナミドルシリーズ第4戦
初夏のパイロンジムカーナ2戦目
に、出張の合間に参戦!(後半)です。

(前半はこちら⇒)出張の合間に参戦!2017近畿ジムカーナミドルシリーズ第4戦 初夏のパイロンジムカーナ2戦目(前半)【ワンダードライビング】

何となく予感していた・・・一本目ミスコース!

完熟歩行している時から、どうも精神的に集中力が無く、コースもちゃんと憶えたか否か???な状態で、自信を持てるまで結構時間が掛かったのですが・・・
やはり、犯してしまいましたミスコース!
一本目の走行で
まぁミスコースする前からなんとなく分かっていたのですが、とあるひとつのパイロンを右か左かと迷い、エイヤっと選択した結果が間違った方向でした
カクカクシカジカ、そういう訳です


170623_copen101.jpg



前戦に引き続き、チャレンジしたサイドブレーキターン@練習走行

結論から言いますと、抜本的改善に至っておりません。
コペンの整備解説書を入手頂ければ分けるのですが、サービスメンテナンス時にトラクションコントロールを無効にする結線方法がありまして、それを今回試したのですが、おそらく、機能としては、インパネのOFFスイッチを押すのと同じことかと思われます。
が、試してみない手は無いという事で、練習走行を利用して試してみました!その、とある結線を実行すると、メーターインジケータが、まるでパチンコ台のフィーバー状態に!

これはこれで、正常なのです。

サイドブレーキターンを試みましたが、前戦の奥伊吹2本目くらいから、制御がかなり賢く修正して来ている感じがあって、意地でもロックさせてやるものかと、クルマの意思を感じるくらい、まるでリヤタイヤがロックしなくなりました。あの手この手試す価値はありますが、今のところ、インパネのスイッチOFF以上のものは無さそうかな!?という感じですが、これは冷静に練習会などで評価する必要がありそうです。


170623_copen102.jpg


勝負を懸けた2本目(一応)

姫路セントラルパークでのイベントは、お弁当&お茶が付いて来ますので、2本目トライの前に腹ごしらえです。


170623_copen103.jpg


今回、ATクラスには、新たにZ34が参戦しました!
Z34は、日産フェアレディーZです!
こちらをご参照↓

日産:フェアレディZ [ Z ] スポーツ&スペシャリティ/SUV Webカタログ トップ

これは、一生に一度は保有したいクルマですね♪
一度、運転した経験はありますが、大きなボデーサイズを感じさせないハンドリングと、しなやかな乗り心地と、とても100%引き出せそうに無い有り余るパワーが印象的でした。
つまり、今回は、いつものプリウス、フィットに加え、フェアレディーZを含む4台で競ったという事でした!

一本目も練習走行も、区間タイムの掲示を見つけられず、二本目の具体的作戦も無いままに、とにかく完走!なるべくベストな走りを!という気持ちで挑みました。
その様子はこちら↓
世界初(かも)、ジムカーナ走行をREC-1&LOG-1で撮影した映像です!

ハンドルをくるくる回しただけで、何の面白みも無い映像になってしまいましたが・・・
REC-1&LOG-1で撮影した映像の面白みは十分あると思います。
次は、もうちょっと視点を変えて、迫力ある映像を撮りたいと思います!

前戦に引き続き、くじ運アリ!

結果は、1位 フィット、2位 Zに次ぐ3位でした。
まぁ、心身共に乗れていない割には善戦した方ではなかったか!?
しかし、シリーズポイント考えれば、ひとつでも上に居るべきでしたね・・・

姫路セントラルパークでのイベントでは、景品がとても豪華で、必ず何か当たるのですが、前戦に引き続き、くじ運だけはあった様で、最後の最後に呼ばれました「ゼッケン5」
当たったのは、ベンチシート!ありがとうございます!家族が喜びます!

170623_copen104.jpg



ちなみに、前日は、新潟県三条市に居ましたが、このベンチシートを製作している会社の前を通ったのでした。
何か、ご縁を感じます・・・

しかし、コペンに入りませんでした(笑)

それが故に、物々交換の申し入れも他の選手から多数頂きましたが、それには応じず、ミラで参戦の溝渕選手に持って帰ってもらいました。
ありがとうございましたm(_ _)m

おまけ

その昔、どんなジムカーナ大会でも、走行前の車検では、必ず車検合格の印にステッカーを貼られていました。
ここ最近は、諸般の事情により、ゼッケンにマジックで「OK」と記載される事がほとんどになりましたが、ここ姫路のイベントでは今でもステッカーを貼って頂けます。

170623_copen105.jpg


懐かしい感じがすると共に、なんかやっぱりイイ感じ。競技車らしくて!

次戦に向けて
もう、実は今週末は第5戦を迎えますが、申し込んでいません!
週末に研修がありまして、今回は残念ながら欠席です。
ご参考までに、次戦の暫定エントラントリストはこちら↓

http://www.eonet.ne.jp/~motorsports/20170625entrylist.pdf

後半戦、第6戦(7/23)、第7戦(8/20)、最終戦(9/24)頑張りたいと思います!
コペンを進化させながら!

おまけその2

参戦前日の外山製作所でのファクトリーショップT-BASE(@新潟県三条市)開所式にて、出会うことが出来た、とある若者のクラックミニ。
彼は、学生時代に学生フォーミュラに携わっていた事から、このミニのモディファイを全て自作で行ったとの事!
特に、そのインパネの出来栄えに脱帽!
思わず、座らせて頂いて、笑顔になるしかありませんでした(笑)

170623_copen100.jpg

この若者の勤務先は経済産業省です。日本の未来は明るい!


この記事を書いたライター

執筆記事一覧

いじって走れる企画屋

とのむらゆういち

小学生時代はスーパーカーブーム。大学生から社会人になる就職時はいわゆるバブル時代。100%前向きな、いい時を知る、気持ちだけは永遠の少年。楽しい事をひたすら追い求め、人生を旅している。 19歳からモータースポーツにのめり込み始め、学生の時からジムカーナに参戦。その後、ラリーのナビゲータに転向。ある時期ラリーが仕事になり、パリダカールラリーやWRCにメカニックとして参加。その後クルマ=商品の企画開発が仕事となり、趣味と実益を兼ねて、自らクルマをいじりながら走りながら、企画屋として邁進ちゅう。


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP