ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

若奥様チェック! SiFo ルノークリオRS CUPの使い勝手はいかに? 試乗レポート(3) #renault_jp

2011.08.25

SiFo ルノークリオ(日本名:ルーテシア)RS(ルノースポール) CUP 試乗レポート(1)(2)の続きです。


DSC_5999

今までは走り中心、いや一辺倒で見てきましたが今回は趣向を変えて、若奥様使い勝手をチェックしてもらいました。

【インパネまわり】

DSC_5731

元々がコンパクトカーのルーテシアだけにインパネはシンプルそのもの。助手席側グローブボックス上部に「RENAULT SPORT」が入り、メーターが黄色くなる以外は特に華美な装飾はありません。

DSC_5745

左側がタコメーター、文字盤が黄色くなっているのがルノースポールの特徴。右側がスピードメーター、260km/hまで振られており、奇数の文字が大きくなっています。これはオートルート(フランスの高速道路)130km/h制限に合わせているのでしょうか。

センターにはマルチインフォメーションディスプレイがあり、ハンドルコラム右側のワイパーレバーの先端のスイッチで切り替えることができます。

DSC_5751
(ハンドルコラム右側)

ワイパースイッチの下にはオーディオのサテライトスイッチがあり、これも他のルノー車、カングーやメガーヌと同じ。すぐ右側にセンターコンソールがあってオーディオのスイッチに届くのに、わざわざついているのはよっぽどハンドルから手を放したくないとお見受けします。頑固なフランス人の理屈があるに違いありません。

オーディオサテライトスイッチは音量のアップダウン、ミュート、Bluetooth携帯電話との切り替え、オーディオソース切替、局送りができます。

オーディオの表示はセンターコンソールの上。

DSC_5755
(アルファベット表示は問題なし)

オーディオはFM/AM、CDプレイヤーといったごくごく標準的なもの。しかし最近流行りのUSB接続、AUX端子が装備されているのでこれは便利。

DSC_5750

iPodやiPhoneを標準のUSBケーブルで簡単に接続できます。ひとつ問題なのはこちらは本国仕様。日本語表示に難ありで、「ひらがな」は表示可能なのですが漢字は全滅、ぜんぶスペースになってしまいます。またメニューの上に上がる、プレイリストを選択するなどの機能がサポートされていないか、少なくとも使用方法が不明でしたので、予めプレイリストを選択して再生を開始してからUSB接続をしないとなかなか思い通りのプレイリストを再生できませんのでご注意を。それでもiPhoneがつなげられるのはとてもありがたいことです。

DSC_6283

スピーカーはインパネ内にツイーターを装備する4スピーカー。意外と音が良かったです。

DSC_5749

このクリオRSはオプションでマニュアルエアコンを装備。機能は非常にシンプルで風量は4段階調整式。クーラーはよく冷えたので日本の夏場でも大丈夫そうです。

DSC_5752

ハンドルコラム左側には光軸調整ダイアル、メーターパネル照明ダイアルとESP解除スイッチがついています。こちらも長押しではなく、ポンと1回押すだけで完全解除。カタログにも「100%解除可能」と掲載されているほど重要な機能です。腕に自信がある、サーキットを走る場合には切るのでしょうけど、私にはちょっと勇気がなかったですね。

DSC_5743

ペダルはアルミプレート付き。滑り止めとしてディンプル加工がされています。レイアウトは多少右よりというイメージですがさほど気になるほどではありません。ブレーキとアクセルペダルが寄っていますね。

【シート】

DSC_5897

SiFo仕様クリオにはポルシェGT3用レカロシートが装着され、ホールド性、快適性とも文句なし。また着座位置も4cmほど下がっており、低重心化と「その気」にさせてくれます。

DSC_5740
(ポルシェGT3用カーボンレカロシート)

このカーボンレカロシート、リクライニングはしませんが、シート後ろの革の取っ手を引っ張ると前に倒れるので、後部座席へのアクセスが可能です。

DSC_5850

スッポリと包み込むように収まるので、長時間のドライブでも疲れ知らず。シートの出来とリクライニングするかしないかは別物だということに気付かされます。

DSC_5867

カーボンレカロシートはサイドサポートが高いですが、ドアも開くしルーフも高いので特に問題なく乗降できます。

DSC_5871

後部座席はシンプルそのものですが、室内空間はタップリ。足元も余裕があるし、頭回りも解放感があります。ただしヘッドレストはありません。大人はもちろん、子供をのせるには十分すぎるほどのスペースです。


【ラゲッジスペース】

DSC_5942

全長約4mの3ドアハッチバック、収納は以外と広々です。

DSC_5819

・トランクの大きさ:幅 102cm x 奥行 70cm

・アルミ折り畳みテーブル(奥側、ブルー)幅 91cm x 奥行 35cm
・折り畳み椅子(手前、グリーン)長さ 88cm
・パラソル(斜め、ブルーと白)長さ 116cm

長さ116cmのパラソルはさすがに横には入らず、斜めで丁度収まりました。

DSC_6237

その他撮影機材や荷物などを搭載した様子。気楽に使えるハッチバックです。

DSC_5939

ハッチは女性でも手が届く高さ。右側には手を入れるポケットがあるので、そちらであれば手を汚すことなくハッチバックを閉じられます。

【バニティミラー】

DSC_6241

ルノースポールだというのにバニティミラーも装備。これなら助手席に女性を乗せても安心です。

【若奥様・フォトアルバム】

DSC_6063

DSC_6102

DSC_6075

DSC_6111

今回協力して下さったのはワンドラ・ゲストブロガーでもある yumiking diaryの yumiさん。旦那様は某有名IT企業の凄腕エンジニア、ちなみに旦那様にも普段からお世話になっております。

お二人は交通至便な都内のマンションに住んでいるのでクルマは持たず、たまに行く箱根ドライブはレンタカーで箱根駅伝のコースを回るのだとか。いや、旦那様がまさか「箱根駅伝」オタクだったとは、それにも驚きです。

DSC_5961

yumi家では「今クルマはないけど、興味がある!」ということだったので、都内での取りまわしが楽なルノークリオ(日本名ルーテシア)なんてどうでしょう。スポーツ性だけでなく、フレンチテイストでオシャレかつ実用的ですよ。

お次はいよいよ本命、走りのインプレッションです。

つづく)⇒ピュアなデキスギ君! SiFo ルノークリオRS CUP 試乗レポート(4) #renault_jp【ワンダードライビング】


車両提供SiFo.jp


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP