ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

過激な淑女。Audi S5 クーペ試乗レポート

2017.05.20


衝撃的なハンドリングに舌をまいたAudi Q2に引き続き、今回はS5の試乗です。

衝撃のハンドリングカー! Audi Q2 1.4TFSI 1st edition 試乗レポート【ワンダードライビング】

目を引くアピアランス

20170511-DSC_2656-HDR

今回フルモデルチェンジしたA5、その2ドアクーペがA5 クーペ。

5ドアハッチバックでも流麗なデザインが売りですが、クーペはさらに太いCピラーと大きなドアにより、生活感のないエレガントでマッシブな佇まいを醸し出します。

20170511-DSC_2652

あくまでも今までのAudiらしさ、A5クーペらしさを引き継いでいる美点。

怒涛のエンジンパワー

通常モデルが2.0L TSFIエンジンで254馬力を発揮するエンジンに対し、今回試乗したS5は3.0Lターボとなり実に354馬力、トルクは500Nmに及びます。

audi s5

過去を振り返ると2世代前(MY2009)がV8 4.2Lエンジンで354ps/440Nm、先代(MY2014)が3.0Lターボエンジンで 333ps/440Nmとトルクは同等ながらもパワーはダウン、そこが不満点とされてきました。

そこで今回は354psと二世代モデルと同等としながらトルクは500Nmと大幅アップ。歴代モデルでもっともパワフルな一台となりました。

ハイパワーと快適性を御する電子制御

しかしただ単にパワーアップされたのではありません。ここ数年は特に自動運転技術にまつわる技術革新が進み、車両制御の電子制御も進化しています。

20170511-DSC_2709

その結果使いきれるハイパワーとなったといっていいでしょう。また電子制御サスペンションは乗り心地よく、なめらかに路面をとらえるので、接地感の高い走行が可能です。

驚く後席の快適性

後席に乗り込んですぐ気づいたのはその乗り心地のよさ。まったく突き上げがなく、しっとり滑らかに進んでいくんです。これまで食べていたプリンがザラザラしていたのに対して、初めてなめらかプリンを食べたときの感覚、あれが蘇りました。

20170511-DSC_2720

身長171cmの著者にとってヘッドルームも十分、足元も広々。クーペなので乗降だけシートを倒してよっこいしょと出入りしなければなりませんが、一度シートに収まってしまえば、まるでセダンのように快適に過ごせます。これならファミリーやちょっとお客人を乗せてもまったく問題なし。ゴルフにロングドライブにと気兼ねなく乗せられますよ。むしろ乗降の少ない長距離移動にピッタリ。

これがこのスポーツクーペのよいところなんですよ。

過激な淑女

街中や高速道路が快適速いのはもちろん、その進化の本領はワインディングで発揮されます。

ドライブモードはDynamic、もっとも過激なモードでワインディングへと発進してみました。

20170511-DSC_2702

は、はぇぇ・・・

400馬力、500馬力クラスのスポーツカーに遜色ない加速感。問題はコーナリングとばかりにステアリングを切り込むと、加速しながらコーナリングしていくんです。えっ?

今回Sトロニックからティプトロに変更された8速ATは加速感を途切らせることなく加速するし、ステアをいれたらどうやら内輪ブレーキをちょっとつまみ、ターンインを助ける仕組みらしいです。らしい、というのは以前雨の日のTTS/S3試乗のときは明確に分かったのですが、今回はまったく気づかなかったから。

そしてリアスポーツデファレンシャル(電子制御リアデフ)のトルクベクタリングにより、まるでFRのように曲がりながら加速していきます。ちょっとこのハンドリング、一般人にはシビアすぎませんか。

しかもこの速さがドライバーの力量ではなく、自動車の制御によってほとんど醸し出されている点も気になります。そう、ランバ・ラル風に言えば、

見事だな!しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ。 そのモビルスーツの性能のおかげだという事を忘れるな!

アムロのくやしさがなんとなく分かってきます。それほどにもうAudiは進化してしまったということです。

20170511-DSC_2684

組み合わせるタイヤは255/35R19 のコンチスポーツコンタクト5SP。このハイグリップタイヤがパワーと荷重に負けはじめているほど、特にリア側。ガンダムでいえばマグネットコーティング、もはやSタイヤが必要なのか?

ナチュラルに運転できるAutoモード

そこで物は試し、ドライブモードをAutoに切り替えてみるとあら不思議。これまでステアの入りに対してセンシティブだったハンドルに余裕ができ、ある程度の舵角を許すようになりました。こうなってくるとステアリングから伝わってくる接地感を感じつつ、自らの操作どおり、素直に反応してくれます。やっぱ車はこうじゃなきゃね、なにがなんでも速ければいいってもんじゃないんです。

特にタイムを競うスーパースポーツ、モータースポーツベース、AudiでいえばRSモデルとは違うわけですから、Sモデルにはエレガントさは必要でしょう。

試乗直後メモ

試乗直後のメモはこちら。

Audi S5 quattro 試乗メモ

・エレガントにかっこいい。
・とにかく流麗。最高。大好き
・鏡にうつった姿が端正。乗ってるオレってかっこいいと勘違いできる
・エンジンは3Lターボ、354psとは思えないほどパワフル
・やっぱりエンジンはトルクだよなあ、500Nm
・ミッションはDSGではなく、8速ティプトロ。ほとんどネガは感じない。というか世界のティプトロはほんと進んでてBMW、BENZにしても他段ATはそっちの方向。変速ラグほとんどなし
・2段シフトダウンのときに多少のラグに気付いただけ。
・ハンドリングはカ・ゲ・キ!
・内輪ブレーキをちょっとつまむ(ホンダでいうところのAHA)と電子制御リアデフによるトルクベクタリングでハンドルを切った方向に加速しながらグリグリ曲がる!
・はええええー!
・速すぎだろこれ!
・というか速いのオレの運転じゃなくて、車だろ!
・ハイグリップタイヤ、コンチネンタルスポーツ5SPが不足気味。横剛性使い切っちゃう。
・ということで、ドライブモードdynamicはもう過激な淑女すぎてautoモードに切り替え
・すると素直なハンドリング。ハンドルの切り角が増え、スリップアングルと接地感の対話ができて、一般的なハンドリングカーになった。自然なこれがいいなあ。
・dynamicはサーキットとか、ニュル用なのかねえ? でもタイヤは負けてるし、Sタイヤはいてタイムアタックするキャラでもないし。
・高速道路の安定性・走行性は申し分なし。どこまでもいきたい。
・何よりすごいのは後席の居住性。スポーツバックとほとんどかわらないかも、比較してないのでわからんけど。
・そして乗り心地最高。突き上げ皆無、タイヤがすっと上に動き、ショックアブソーバーに吸い込まれる。ナニコレ魔法?
・・・
脱いだらすごいんです、的な過激な淑女をお求めの貴方にオススメです。ほんとエレガント。


いざというときはスーパースポーツモデルにも遜色ない走りをみせつつも、大人4名が快適にクルージングできる環境。そしてなにより流麗なアピアランス。過激な淑女をお求めの方にピッタリの一台に仕上がっていると思いました。


試乗車スペック抜粋

Audi S5 Coupe
車両本体価格 9,130,000-
オプションカラー(ミラノレッドPE) 85,000-
セーフティパッケージ 80,000-
スペシャルオプション
 バーチャルコックピット 70,000-
 Bang & Olufsen 3Dアドバンストサウンドシステム 170,000-
 リアスポーツデファレンシャル 190,000-
 ヘッドアップディスプレイ 140,000-
 レザーパッケージ 230,000-
 プライバシーガラス 70,000-

試乗車価格 10,165,000円

全長 4705mm
全幅 1845mm
全高 1365mm
車両重量 1680kg
ミッション 8速ティプトロニックトランスミッション
エンジン V6DOHC 2994cc ターボ
最大馬力 354馬力/5400-6400rpm
最大トルク 500Nm/1370-4500rpm
タイヤ 255/35R19

公式サイト Audi S5 > アウディジャパン


この記事を書いたライター

執筆記事一覧

のりものブロガー

野間恒毅

スーパーカーと美女が好き。 日々RR, FR, FFと駆動方式を選ばずドライビングスキルを磨き、ドライビングプレジャーを追い求めています。リターンライダーとして大型二輪免許取得、大型バイクに乗っています。ミニ四駆、ラジコン、ドローンなどホビーも幅広くカバーしボート。個人ブログはこちら(のまのしわざ


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP