ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

マツダRCカーグランプリ開催! 【2】メーカー混成チームの奮闘

2016.07.08

3レースに分かれて行われたRCロードスター1時間耐久レース。第2レースはCGをル・ボランがうち破りましたが、第3レースでは注目のチームが登場。それは「メーカー混成チーム」。

DSC_8820

メーカー混成チームとは

DSC_8805

昨年のロードスター4時間耐久レースにてNDロードスターの開発責任者の山本さん(現在は後進に役職を譲り、アンバサダーとして活躍中)が他メーカーに呼びかけて実現した夢の組み合わせ。

DSC_8827

マツダのイベントなのに、どうしてSUBARU STIの青いユニフォームを着ているかというと、実はこの混成チームに参加のメンバーだったのです。

DSC_8829

そのためロードスターに貼り付けられたステッカーが、ホンダ、日産、スバル、トヨタ・・・一見ミスマッチとしか思えない、普通の人がやったら指さされて笑われそうなデザインが斬新です。

この混成チームの中で中心的役割を果たしたのがご存知、下川選手。

タミヤ・メディア対抗RCロードスター耐久レース【マツダ・チーム突撃インタビュー編】【ワンダードライビング】


DSC_8810

普段はエンジニアとしてエンジン設計に携わっているのですが、趣味のRCの腕前は世界選手権クラス。その腕が見込まれて出場したこれまでのタミヤ主催RCロードスターレースでは2連覇を果たし、今回も「業務」としてはるばる広島から、横浜のマツダR&Dセンターへやってきたとのこと。ちなみに本業でこのR&Dセンターに来たことはありません。


白熱のレース展開

DSC_8826

スターティングドライバーはトヨタ西川選手。RCに不慣れなためになかなかペースが上がりません。その間、ガチ勢(失礼)がハイペースで周回を重ね、デッドヒートを繰り広げていきます。

DVD映像が売りのHot Versionは車載カメラを搭載して出場。

DSC_8847

RCに車載カメラ搭載をやってきたワンドラからするとその搭載方法は3周でとれてしまうと予言。

DSC_8862

DSC_8863

3周はもちましたが、レース序盤でやはりカメラはいなくなってしまいました。搭載するならボディの中にとりつけ、タイラップでしばると落ちにくいです。ただ衝撃でメモリ記録ができない場合もあり、なかなかRC車載カメラは難しいですね。

バッテリー交換

DSC_8903

コースサイドのピットエリアに佇むのはNDロードスターの生みの親、山本さん。すでに第1レースではマツダ「人馬一体」チームのドライバーとして、この第3レースはピット要員として参加。

DSC_8913

DSC_8919

下川選手とともに手早いバッテリー交換をし、チームをサポートします。

DSC_8921

レースの方は残念ながらガチ勢の本気の走りにより、メーカー混成チームはテールエンダー。巻き返しはなるのか?

DSC_8952

ジムカーナやレーシングカートも楽しむSUBARU STi軍団も奮闘、ジリジリと周回を詰めていきます。

そしてこの男、エース下川選手がアンカーとして登場。

DSC_8959

つねにファンサービスを欠かしません。

DSC_8962

最後のバッテリー交換をロードスター・アンバサダー山本さんが終え、下川選手が走行スタート。

DSC_8983

さすがは世界3位、スムースな走りでグイグイと追い上げます。

DSC_8992

その走り、ラップタイムを全てメモする山本さん。

DSC_8999

下川さんの激走によりグイグイと順位をアップ、残り7分の時点で5位までアップ、3位まではたったの6周差。

DSC_8994

さわやかな笑顔で、RCが上手、先日結婚したばかりですべての幸せを持っている下川選手! と実況でもいじられまくりです。マツダ広報の工藤さんからは、下川さんが業務でRCをやっていることについて、

「彼はチーフ・ラジコン・オフィサー、CROっていっていいくらいだね!」

と冗談がでるほど。名刺の肩書きにCROがのる日も近い?

DSC_9017

DSC_9028

そしてついに1時間耐久レースのゴール。結果は・・・

DSC_9032

なんと3位浮上! さすがはCRO!


レース結果

DSC_9038

1位 レーサー鹿島さん擁する GAORA
2位 ライトニング
3位 メーカー混成チーム

DSC_9033

総合では1位にルボラン、2位CG、そして第3レースで優勝のGAORAが3位となっています。

DSC_8939

終わってみると、実車がうまい人はRCもうまく、RCがうまい人は実車もうまいという相関が見えてきます。今回はチューニングなしのストック状態、イコールコンディションだっただけにチームのドライバーとピット作業のスムースさといった総合力が問われました。

筑波サーキットで行われる本番のロードスターレースでもイコールコンディションで行われるだけに、RC同様、デッドヒートが繰り広げられそうですね。

RCは素人やレースに参加したことがない初心者でも気軽に参加できるモータースポーツなので、登竜門、通過儀礼としてもよさそうです。もっとRCに触れ合うことで、マツダのスローガンである be a driverになれることは間違いなさそうですね。


【Amazon】
1/10 XBシリーズ No.191 XB マツダ ロードスター (M-05シャーシ) プロポ付き塗装済み完成品 57891
B0182BS2QW



この記事を書いたライター

執筆記事一覧

のりものブロガー

野間恒毅

スーパーカーと美女が好き。 日々RR, FR, FFと駆動方式を選ばずドライビングスキルを磨き、ドライビングプレジャーを追い求めています。リターンライダーとして大型二輪免許取得、大型バイクに乗っています。ミニ四駆、ラジコン、ドローンなどホビーも幅広くカバーしボート。個人ブログはこちら(のまのしわざ


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP