ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

今年も残るはあと2戦! 2017近畿ジムカーナミドルシリーズ第7戦

2017.10.12

フロントロアアームピロボール化によるハンドリングマシーン完成でブッチギリかと思いきや!?

シリーズを追いかけると1年が過ぎるのがあっという間なのです
2017年、今年も過ぎ去るのは早いもので、残すはあと2戦のみ!
「残暑」と呼ばれる季節に突入しました。

しかし、しかしながら、今回は参戦記の筆が進みませんでした・・・

ドライバーに余程問題があるか、クルマがどこかおかしいか、ライバル達が速すぎるのか、そんな結果です。
昨年同じ時期の大会。同じような気候で同じようなコースで同様の顔ぶれで競った時は、結構トップに肉薄出来ていたのです。1本目なんてトップに立っていたのです。

夏休みの宿題を済ませて、連休最終日に参戦! 2016 近畿ジムカーナ ミドルシリーズ 第7戦 参戦レポート【ワンダードライビング】

が、今年はブッチギリで離されてしまいました。
若干凹みちゅうです・・・
要原因解析と改善です!

◆フロント ロアアーム ピロボールブッシュ化

いつもお世話になっているHALFWAY より、コペンのデモカーで耐久試験していた、フロントロアアームのピロブッシュの商品化目途が立ったという事で、早速組んで頂きました。

image001.jpg

ピロブッシュは、フロントロアアームの前側と後ろ側両方です。
男前な感じですよね!
ショックアブソーバのピロアッパーとの組み合わせでコペンの最高のハンドリングが完成します!
装着の際は是非ショップアブソーバの頭もピロ化して下さいね。
(そうじゃないと、効果半減ですので)

image003.jpg


ステアリング操舵に対するレスポンスが上がり、コーナリング初期から頭が入るスピードが明らかに向上します。
ジムカーナには強力な武器になりますねぇ~!
(JAFの大会では、車両レギュレーションにより、使用出来ないクラスがありますのでご注意を)

装着した感じはこんな見栄えになります。
後ろ側の大きなブッシュ

image005.jpg

そして前側

image007.jpg

◆残暑厳しい快晴の名阪スポーツランドEコース

お盆休みの最終日、第7戦は開催されました。
残暑はまだまだ厳しく、路面温度もアッちっちです。
時折雲がやって来て、肌に感じる風を涼しくしてくれはしましたが、タイヤにもドライバーにも厳しいお天気でした。

image009.jpg

今回のパドックは、全日本ジムカーナにも参戦する選手のお隣。
現在、新車で買えるオープンカー2台、並びました!

image011.jpg

ロードスターでもちゃんとテントやら何やら運んで来て、快適なパドックを完成させております。
さすがにタイヤ4本は無理だそうですが。


今回のお題はこちらです

image013.png

昨年とほとんど同じコース設定なのですが、一年振りに見ると、昨年と同じように

「コース長そう、憶えられるか!?」

となってしまうのです。

昨年同様、前半は細かいターンが連続する比較的テクニカル、後半は、ぐるりと一周周るパワー勝負。
シリーズ後半は、ミドルシリーズとは言え、地区戦あるいは全日本戦にも匹敵するコースになります♪
走り甲斐は十分にあり!
ミドルシリーズですので、パイロンセクションは必ずしもサイドターンが必要ではないスペースが確保されております。私のコペンにとってはありがたいレイアウトです。

◆ミスコースの1本目から、タイム挽回を図った練習走行と2本目

1本目の走行は、コース図の14番パイロンを右回りしてしまい、ミスコースとなってしまいました。
ま、それは2本目に修正すればいい事なのですが、それよりも問題なのが、トップとのタイム差でした。

5.73秒!

ナニその差は!?(ちなみに昨年は2秒差以内)
な感じでした。

この差は、ちゃんとコースを正しく走ったとしても、とても埋められる差ではありません。
ひとまず、車両をチェックして、異常が無い事を確認して、ドライバーの運転も反省して、車両をより前に転がす方向にセッティングも微調整して、もう一度練習走行でタイム差を確認する事にしました。

・・・トップのとのタイム差は! なんと4.703秒!

ま、1本目から1秒縮めたとしても、まだ4.7秒もあるという現実。
だけど、運転している感覚はいつもと同じ。
これは如何ともしがたい状況でした。打ち手が無い・・・

image015.jpg

しかし、勝負事ですから、諦める訳にはいきません。0.1秒でもイイから詰めるにはどうしたら良いか、車両セッティングの見直しとドライビングの見直しを考えに考えて・・・
抜本的な解決策はありませんが、とにかくクルマを前に前に転がす方向でベストを尽くすべく挑んだ2本目でした。

結果は4/4位

トップとのタイム差は3.252秒、2位とのタイム差は3.074秒、3位とのタイム差は1.427秒

タイム差、ちょっと問題です、

原因はドライバーにもクルマもアリか!?
ひょっとしたら、クルマはドライブシャフトが骨折しかけている?
可能性もアリだなと思いました。
なぜなら、フィーリング的に、前戦試したマニュアルモードのダイレクト感が無かったからです。
ひょっとしてLSDがおかしくなったか??
或いはCVTベルト滑ってる???
心配事は尽きません(-_-;)
次戦、最終戦までに要チェックです!

image017.jpg

◆ドライビングとセッティングの改善結果は

ドライビングとセッティングは、1本目→練習走行→2本目で、前半のテクニカルセクションを、可能な限りステアリング舵角を少なく、前に前に転がす方向で修正をしました。
ドライブレコーダーのGデータにも、少し見て取れると思います。
昨年と比べると、前後方向のGが少なくなっていました。
昨年の方が攻めの走りが出来ていたのカモ知れません。

image019.png


(いつものCEREVO は持って行ったものの、充電し忘れて使えず・・・まったくイケてませんOrz)


◆私の代わりに・・・と言っては何ですが、D-SPORTミラ号が初優勝!

JBエンジンを心臓に持つ、オレンジ色の凄いヤツ
溝渕選手が初優勝しました。
いやぁ~素晴らしい!

image021.jpg

何と言っても、往年のジムカーナマシーン、シティより速く走ってしまいましたからね。
もちろん、カプチーノよりも!
このミラとドライバー、とても熟成されて来ましたネ

そして、近畿ジムカーナシリーズでは、優勝すると漏れなく水を掛けられるのです(笑)

初優勝おめでとうございます!!

◆今年は西フェスにも出場が決定しました!

ので、クルマもドライバーもこのまま終わる訳には行きません!
がんばります!

2017JMRC西日本ジムカーナフェスティバル IN 近畿

今年は名阪スポーツランドで開催されます!


この記事を書いたライター

執筆記事一覧

のりものブロガー

野間恒毅

スーパーカーと美女が好き。 日々RR, FR, FFと駆動方式を選ばずドライビングスキルを磨き、ドライビングプレジャーを追い求めています。リターンライダーとして大型二輪免許取得、大型バイクに乗っています。ミニ四駆、ラジコン、ドローンなどホビーも幅広くカバーしボート。個人ブログはこちら(のまのしわざ


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP