ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

新型NSXプチ試乗レポート(3):インテリア編

2016.10.21


DSC_0328

新型NSX、今回はインテリアに迫りたいと思います。

まずは今話題のドアノブから。ドアノブはGT-Rで有名となった格納されるタイプ。ヨーロッパでは手をかざすと自動ででてくるそうですが、日本仕様は法規の問題から手動です。

DSC_0329

インテリア

DSC_0335

こちらはオプションの内装を装備、ホワイトの内装が鮮烈ですが、ハンドルやメーターカバーはカーボン。

DSC_0334

アクセル、ブレーキは通常の吊り下げ式タイプ。左足ブレーキも使いやすいです。

DSC_0354

ハンドルには様々なスイッチがありますが、これは普通の乗用車と同じ。

右側のダイヤルでメーターの表示を切り替えることができます。

DSC_0347

DSC_0345

DSC_0343


シフトはボタン式。

DSC_0353

R (リバース)はボタンも横になっており、後ろ側に押すと入ります。

(P)(パーキングブレーキ)は押せば解除、上に引きあげればロックとこちらも動きに合わせてあり、UI的に迷うことはありません。

室内は必要最小限

DSC_0355

シートは前後と背もたれ、ランバーサポートを電動で調整可能。座面全体、前後を上下させる機能はありません。

DSC_0356

室内スペースはミニマムとなっており、手荷物を置くスペースはありません。シートの裏まで隔壁が迫っており、シートの間はスピーカーが装備されています。

DSC_0360

物議をかもすカップホルダー

DSC_0359

グローブボックスの中にカップホルダーをしまっておき、必要なときはそれを助手席側の穴に差し込んで使います。

DSC_0367

DSC_0368

DSC_0369

これをどうみるかは人それぞれですが、S2000のカップホルダーがたった1つしかない上、マニュアルシフトの軸線上にあり、事実上使えなかったことを考えると非常に実用的です。

マツダ・ロードスターのカップホルダーも着脱タイプで、センターコンソールの後ろ側、助手席と付け替えできるなど、このへんの使い勝手は各社工夫していますね。

カップホルダーは車の性能に影響しないので、ワンドラ的には問題ありません。

DSC_0349

多くのスーパーカーが包み込まれるような着座位置なのに対し、NSXはベルトラインが低く、非常に開放的。ここも初代NSXの売りのひとつ、視界がいいというのを継承していますね。

DSC_0372

なお、後方視界は世の中のミッドシップマシンよりマシな程度です。

DSC_0375

DSC_0377

全体的な作りは今のホンダを継承しており、常識的、想像のつくもの。非日常性というよりも、日常的な、落ち着いた雰囲気でした。



この記事を書いたライター

執筆記事一覧

のりものブロガー

野間恒毅

スーパーカーと美女が好き。 日々RR, FR, FFと駆動方式を選ばずドライビングスキルを磨き、ドライビングプレジャーを追い求めています。リターンライダーとして大型二輪免許取得、大型バイクに乗っています。ミニ四駆、ラジコン、ドローンなどホビーも幅広くカバーしボート。個人ブログはこちら(のまのしわざ


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP