ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

クルマ・バイク好きの我々がいまレストアしなければならない理由

2016.07.19

結論を先に言うと、

・今後10年、自動運転技術のみ進化し、ドライビングプレジャーの進化はない(むしろ退化する)

・ドライビングプレジャーの進化は1980-90年代が劇的で、今なら中古車が安くかえる

・部品調達ができるのは今しかない。数年後には調達不可能になる

以上より、旧車(っていうほど古くはない)レストアをするなら今、今。

です。

詳しくはこちらの動画で詳しく語っています。

4分47秒付近より

実はこの結論に至った一つの理由が、#名車シティ再生 プロジェクトを実施したこと。

シティ【ワンダードライビング】

このシティは1992年製ですが、ホンダからの主要部品供給はすでに途絶え、パーツ入手はヤフオクやeBayに頼らざるを得ませんでした。

無事レストアを完了し、実際にのってみると当時に遜色ない走行性能、色あせない輝きに魅了されました。これだ、これこそが現代車から失われたものだと改めて理解できます。

一方周辺機器の進化により、当時では考えられなかった利便性が付加できます。例えばスマホによるナビゲーション、ETC、USBオーディオです。

パワーウィンドウなしでもETCがあれば料金所でのわずらわしさはありません。

紙地図を開いて、いまどこだ、どういけばいいのか? と悩んでいたあの頃、今では渋滞情報をリアルタイムに収集して渋滞回避ナビゲーションをしてくれるスマホナビ。

そしてCDチェンジャーがなくともスマホ、ミュージックプレイヤーをつなげば数百枚のCDを収録したも同然、クラウドミュージックで好きな音楽を好きな時に聞くことができます。

当時とクルマは同じであっても、実は利便性はスマホの活用でアップさせることができるのです。

レストアプロジェクト第2弾始動

IMG_0080

シティのレストアがほぼ完了した今、上記の理由によりレストアプロジェクト第2弾を開始します。今回は二輪、モーターサイクルです。

またレストア部としての「部活」を推進していきます。レストア部では部員募集中。幽霊部員、応援係、見てるだけ、通りすがり、大歓迎です。

ワンドラ・レストア部

今後とも応援、よろしくお願いします。


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP