ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

J-BLOODレンタルカートでROTAX MAXレーシングカート体験

2013.12.18

IMG_5426

ジワジワとその実現性を高めつつあるワンドラ・カート部(仮)。今回は新東京サーキットにてJ-BLOODさんからレーシングカートをレンタルし、金子店長にアドバイスを受けながら練習してきました。

レンタルカートのJーBLOODビギナーズ | サーキットサポート・初心者歓迎 | 新東京サーキット(千葉県市原市)

IMG_5421
(J-BLOOD金子店長とカート)

IMG_5468
(金子店長の雄姿)

ROTAX MAX 125cc カート

カートはMAXと呼ばれる125ccの水冷2ストロークエンジンを搭載したもの。

IMG_5433

IMG_5434

IMG_5436

IMG_5438

IMG_5439

IMG_5442

IMG_5444

IMG_5445

IMG_5446

IMG_5447

IMG_5448

IMG_5449

IMG_5450

通常のレンタルカートは初心者向きということで50cc程度のものが多いですが、こちらはROTAX MAXノービス仕様、125ccと排気量もパワーも大きく、最高速度も相当なもの。なによりアクセルレスポンスが通常のゴーカートとは段違い。

走行

今回2人で1台のレンタルカートをシェア、午後のフリー走行は1pmから4:30pmまでが走行時間となっています。

二人とも初めてのコース、はじめてのレーシングカートということで、最初は肩慣らし。オッサンなのでだいたい10分、10周程度走ってピットインして交代。気温が低くタイヤに熱が入るのに2-3周かかるので最初は無理をしないように。

IMG_5457
(アイルトン・ヤマ選手の走行)

さあ実際にコースインすると、これまで乗ったカートの中でもっともパワーがあり、コーナリングスピードも高いもの。

正直体力的にかなり厳しい、というのも今まで体験したことのない速度、Gでハンドルを抑える力が非常にいるのです。まさにねじ伏せるという趣。もちろんこれは慣れてなくて力が必要以上にかかっているということもあるのでしょうけど、コーナリングスピード、Gが段違いでしっかりハンドルを握っていないとどこかに吹っ飛んでいきそうなのです。

IMG_5473

そんなこんなで2名で交代、しかも半日走行としたのは正解。40代、アラフィフなオッサンが何の前準備もなく突然遊ぶにはちょっとキツイほど。10分、10周ほど走行してピットインしたときにはもうヘロヘロ。握力も腕力も使い果たし筋肉がガッチガチ。

しかし。

すんごく楽しい! 走りがいがある!

なにせレーシングです、コンマ秒を削っていく楽しみがここにあります。しかも「やばいんじゃないか」と思うほど。そうです、基本危ないは楽しいです。スリルってやつですね。

ただスリルは楽しいけど、痛いは嫌なのです。

だから公道ではなく、安全に留意されたサーキットで走るわけです。安全装備はもちろん必要で、上からヘルメット、レーシングスーツ、グローブ、シューズ着用。ジーンズにつっかけ、じゃあダメです。できれば上半身を守るプロテクターも装備したくなるほど。

走行するごとに、J-BLOOD金子店長にラインや走り方のコツを教わります。

IMG_5477

私自身実車のサーキット走行にジムカーナの経験があるので、言われてることは頭では理解できるのですが...なかなか実践できません!

というのも

・筋力の問題(握力の低下、ハンドルが保持できない)
・体力の問題(耐久力の低下、何周もできない)
・精神力の問題(恐怖心、コーナー怖い)


から頭では分かっていてもその通りにできないんです。老化を体感した瞬間です。


(金子店長の模範走行)

40オーバーのオッサン2名は15分走行しては30分休憩、といった体たらくで休み休み走行。結局4本走行して4:30pmを迎えました。特に最後の回の走行は気温の低下、コースが日影になったことで路面温度が急激に冷え込み、タイヤはグリップせず。タイムは伸びませんでしたが、逆にスムースな運転の仕方がわかって乗れてきました。

あくまでも今回は触り、タイムアップ、スキルアップ、そしてシェイプアップ効果とトレーニング効果を求めてこれからも適宜通いたいと思います。

皆さんもぜひカートでレーシング体験を一緒にしましょう。

タイム

借りたMAXノービス仕様の基準タイムは

・初心者 50秒台
・中級者 46秒台
・上級者 42秒台

とのこと。今回私は45~46秒くらい、ターゲットタイムは41秒台なので、先は長いです。


(参考動画:youtubeより)

費用

今回は2名で1台、午後の走行の参加。必要な費用はざっとこんな感じです。

・コース利用料(新東京サーキットにて受付)
・レンタルカート料金(J-BLOODさんにて受付)
・アドバイザー料(オプション、J-BLOODさん)

コースとカート(レンタル)は別会計となっていますのでご注意を。分からないことがあれば J-BLOODさんに問い合わせるといいですよ。

一日の流れ


この記事を書いたライター

執筆記事一覧

のりものブロガー

野間恒毅

スーパーカーと美女が好き。 日々RR, FR, FFと駆動方式を選ばずドライビングスキルを磨き、ドライビングプレジャーを追い求めています。リターンライダーとして大型二輪免許取得、大型バイクに乗っています。ミニ四駆、ラジコン、ドローンなどホビーも幅広くカバーしボート。個人ブログはこちら(のまのしわざ


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP