ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

日産のEVスポーツコンセプト、エスフロー(ESFLOW)は初代Zの夢をみるか #TMS2011

2011.12.20

DSC_2893

写真と実際みるのとでは大違い、だったのがこのNISSAN ESFLOW。「次期Zではないか」と言われて確かにそんな雰囲気もあったのですが、見てみると一回り小さくしかも面の作り方が従来とは随分異なっていました。ESFLOWはフロントに駆動系をもたない、リアモーターEV。ボンネットの中はきっとバッテリーが収まるし、ラジエータも不要なのでフロント周りのデザインがより自由になったのでしょうね。

日産|日産自動車、2011年ジュネーブモーターショー出展車両「ESFLOW(エスフロー)」を公開

「ESFLOW」は、電気自動車のスポーツカーをコンセプトとしており、走る喜びと、ゼロ・エミッションモビリティの両立を表現した。

低く伸びやかなシルエット、重心付近に収まるコンパクトなキャビンなど、一目でそれとわかるスポーツカーのスタイルを持った同コンセプトカーは、日産スポーツカーの伝統を継承しつつも、電気自動車としてゼロから企画・設計されたため、既存車の内燃機関を電気自動車ユニットに置き換えたものとは異なり、日産の先進技術が随所に最適活用されている。

たとえば、同コンセプトカーでは、日産リーフに採用されているリチウムイオン電池を、ボディ内に分割配置することにより、最適な重量配分が実現し、車両の回転中心がドライバーの腰付近にくることで、スポーツカーならではの安定した走りを実現する。また、日産リーフに搭載されている高性能モーターを2基、ミッドシップに搭載し、左右後輪を独立駆動制御することにより、優れた旋回性能とエネルギー回生性能が得られる。

さらに、EVならではの高トルクを生かして、5秒以下で時速100キロまで到達する加速性能を持ち、一回の充電で240km以上航続可能である。

ドライビングポジションを調整する際は、座席ではなく、ハンドル、ペダル類が動くことで、シートフレームなどが不要になり、車体の軽量化に貢献している。これはバイワイヤ技術の活用によって可能となったものである。

DSC_2871

DSC_2874

DSC_2876

DSC_2879

この角度からだとロングノーズ、ショートデッキの代表、フェアレディZ(S30)に似てる感じがします。

DSC_1069

おっさんホイホイ! 日産グローバル本社ギャラリー(横浜)でS30 ZにケンメリGT-Rなど展示 【ワンダードライビング】

DSC_2881

DSC_2885

フェンダーまわりはマツダRX-8に似ているような感じも。

DSC_2887

EVセダン・リーフがどんどん普及すると、こういったEVスポーツカーの将来も現実化していきますね。楽しみです。

日産|日産自動車、2011年ジュネーブモーターショー出展車両「ESFLOW(エスフロー)」を公開


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP