ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

ミニ四駆ジャパンカップ2017公式コースの詳細が明らかに! #mini4wd

2017.04.20

本日4月20日、タミヤプラモデルファクトリー新橋で開催されたメディアミーティングにおいて、ジャパンカップ2017の公式コースの詳細が初公開されました。今年もミニ四レーサー泣かせのコースになりそうです。

ジャパンカップ2017公式コース、グレートクロスサーキットの全貌!

japancup2017layout

「グレートクロスサーキット2017」と名付けられた全長200mのコース、基本となるタイプA、タイプAの半分を組み替えたタイプBという2種が存在するのみならず、さらにそれらを左右反転させたタイプAミラー、タイプBミラーの全4種が存在します。

3E479FC5-2570-4044-A917-8FE22C0CB5BD

54A169F1-C33B-4F68-BF19-6799BB2CB807

2B0BC1A2-A574-4EE0-9A3D-8E5FF37DA10D

ジャパンカップ2017では、この組み替えコースを各会場でランダムに使用するとのこと。

クロスシステムという発想

1A2DEB9D-F2B2-40B3-AAAF-69EAACF91841

この、コースを組み替えるクロスシステムは、3分割のボティで自由に組み合わせを楽しむことのできる新作DCR-01(デクロス-01)の発想をもとにしているそうです。

C321ACD5-3FF8-41D6-9A64-D81287BE8D75

1A2DEB9D-F2B2-40B3-AAAF-69EAACF91841

ジャパンカップ2017は、タミヤさんのデクロスに対する思い入れを感じるコース設計となっています。

各セクションの特徴は?

さあ、ジャパンカップ2017に向けて、さらに各セクションの特徴を見ていきましょう。

ルーズロード

90C78655-A38B-4E38-8DB5-67C3B489C4C0

まずは、スタート直後、コースがゆるやかに膨らんでいる「ルーズロード」。真ん中の3レーンはストレートですが、外側1と5レーンは外側に膨らんだカーブ。このセクションはコース幅が広く、側面にはウォッシュウォールがランダムに配置され、スムースな走行を妨げます。一見してゆるやかなコースですが、難易度は高そう。

オメガバンク

6D5406BC-290F-42AE-835E-DCBCF3C2C490

2017スプリングに登場したオメガターンをバンクさせたセクション。「バンクアプローチから90度ターン、その後逆向きに180度ターンする複合バンク」が特徴。

クライムチェンジャー

4E07D630-E7AF-49B9-979E-EC3BD94AB0F0

通常のレーンチェンジャーは、1レーンのみが立体コースになっているものですが、こちらは逆。4レーンが約50度のバンク走行、1レーンがフラット走行という変わったセクションです。

ダブルバウンシングストレート(マルチ)

05B37D64-24E8-4494-9B39-A3D5D7F7E916

ニューイヤー2017のバウンシングストレートが二倍に、さらにランダムに組み変わるようになり、2017スプリングで多くのマシンをコースアウトさせた超注目セクション「ダブルバウンシングストレート(マルチ)」が再登場。こちらも、「会場ごとにAB>AB、AB>BA、BA>AB、BA>BAと4パターンのバリエーションが」あります。

ミニ四駆35周年、気になる限定商品も

4B587AB9-4BB1-41AB-A5D9-1E7DEF1CFB9F

話題のクロスシステム、DCR-01(デクロス-01)が5月に発売される他、ミニ四駆35周年記念やジャパンカップ限定商品の紹介も。

ジャパンカップ限定商品として、ジャパンカップをイメージしたレーサーマシン、トライゲイル ジャパンカップ 2017(MAシャーシ)が登場。また、パッケージや本体シールがジャパンカップ2017仕様のハイパーダッシュ3モーター J-CUP2017、ハイパーダッシュモーターPRO。限定デザインの施されたHGカーボンマルチワイドステー(1.5mm)J-CUP2017、HGカーボンマルチワイドリヤステー(1.5mm)J-CUP2017が販売されます。

4FB0F5C0-AF1A-48CB-B87B-DAF223C7D3C7

6CF6549B-9C3D-4327-9D55-B3E7483A2482

E712C4A5-D027-4A35-BF7D-DCA43672F0A8

さらにミニ四駆35th記念アイテムとして、フェスタジョーヌのクリアボディセット、ブルータイヤ&ゴールドメッキAスポークホイール、ホワイトタイヤ&ブルーメッキAスポークホイールの発表がありました。

F34AAA16-7A8F-4DEC-9849-2FDDBC25ACC1

そして、今年一番注目したいのは、新シャーシ。こちらの詳細は静岡ホビーショーにて公開されるとのことです。

2017tamiya_newchassis

(画像提供:株式会社タミヤ)


この記事を書いたライター

執筆記事一覧

ブロガー

大熊マナミ

好奇心を燃料に様々なことに挑戦したいアラサー。2016年に普通二輪免許を取得、現在愛車を探し中。欲しい車はHUMMER、はじめて買った車はジムニー。個人ブログはQT/mode


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP