ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

雨の首都高ハンドリングは如何に? アバルト595 (5AT) ロングタームレポート

2017.03.20

眠れない午前2時〜 苛立ちがドアを叩く〜 
走れない狼たち〜 闇に爪たて彷徨っている〜

ということで寝れないときは首都高速をグルグルするに限ります。ということでハンドリングインプレッション。

IMG_9067


路面の荒れた首都高C1、さらに雨。コンディションとして過酷なコース条件ではその車の特性、一体感が問われる。フィードバックのない車では恐ろしくて走るのも苦痛、コーナー手前では何度もブレーキをかけることになる。

相変わらずショートホイールベースからくるピッチング、フロントの突き上げ、振動はかなりのものだがそれで路面を離すことはなくクリアできるのは不思議。タイヤの性能が高い、流石P-ZERO。

多少フロントの食いが悪い気がしなくもないがそれはオーリンズと比べてのこと。標準装着としてはかなりレベル高い。

リアの安定感もこの車格とは思えないほどだが、C2への大橋JCT下り右コーナーでスルッとリアが出る動きを感知。あれ、ここがリアの限界なのね、あまり過信してはいけないらしい。

何にせよこの軽快感はやはりディメンションからくるものと感心。都会にはシティターボがよく似合う... 違ったアバウト595。

ギアは5速しかなくどのギアも離れているけど、ターボトルクでカバー。ミッションはマニュアルシフトにてギアホールドして走るのが吉。

着座位置、ホールド性がイマイチなシートは何とかしたいところ。とはいえ足が余るし、手は遠いし基本は小さい人用の車という作り。

だんだんと慣れてきて、別にアクセルも、エンジンもこれでいっかという気持ちになってきた。アバルトに合わせて自分もアバウトになってきたかも。

まあやっぱりミッションはATではなくMTモードで使うのが前提ですが、パワーバンドに入れて走れば軽快そのもの。ロールの少ないハンドリングは素晴らしいですが、ピッチングは大きく、ディメンジョンからくるメリットとデメリットがまさに共存しています。


この記事を書いたライター

執筆記事一覧

のりものブロガー

野間恒毅

スーパーカーと美女が好き。 日々RR, FR, FFと駆動方式を選ばずドライビングスキルを磨き、ドライビングプレジャーを追い求めています。リターンライダーとして大型二輪免許取得、大型バイクに乗っています。ミニ四駆、ラジコン、ドローンなどホビーも幅広くカバーしボート。個人ブログはこちら(のまのしわざ


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP