ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

ホンダS660 vs ダイハツコペン スペック比較

2015.04.01

3月30日に発表されたばかりホンダS660(エスロクロクマル)。ビート以来のミッドシップ軽オープンカーとしてデビュー、そのデザインと駆動方式に注目が集まります。

一方先行してデビューした新型コペン、こちらはFFとベース車両が(一応)あるオーソドックスなレイアウト。さて駆動方式によるデザイン、諸元の違いはどれくらいあるのでしょうか。

スペック・大きさ│性能│S660│Honda

主要装備/主要諸元表|COPEN|Brand&Fan Community

薄く、低いS660

s660-copen.jpg

全長はどちらも軽規格めいっぱいの3395mm。全高はコペンが1280mmに対し、S660は1180mmと100mmも低いです。これにともないボンネット高もコペンが高く、エンジンが入らない分S660は低くできた印象です。

一方最低地上高はS660は125mm、コペンが110mmとなっており、コペンの低さが目立ちます。車検上は90mm以上なければなりませんので、これから車高を落とそうとしても20mmしか落とせません。

全高と最低地上高からいってもS660は薄く、低い印象を受けます。

意外と広いS660の車内?

次に注目したいのはシート。シートバックの位置がコペンの方がS660よりも前にあります。FFはエンジンがバルクヘッドに迫ってくるためペダル位置は手前によることから、足元が窮屈になりがち。一方S660のフロントにエンジンがないため、ペダル位置は比較的奥、足元に余裕がある上シート位置もミッドシップエンジンといいつつもそんなに前に迫っていないようです。

これはホイールベースがコペンの2230mmに対して、S660が2285mmと55mm長いのも寄与していることでしょう。フロントオーバーハングはほぼ一緒なので、リアホイールが55mm後ろにあるのが効いてきます。

車両重量は同等、駆動方式の違いはいかに

エンジンはどちらも軽自動車自主規制一杯の64馬力、コペンが5MTで 92Nm/3200rpm、S660は6MTで 104Nm/2600rpm。駆動輪への荷重とトルク差を考えると加速はS660が有利と思われます。

LSDの有無がコーナリング性能を分ける

S660でもっとも気になる点は、LSDがメーカーオプション、無限ともに出ていない点。つまりオープンデフ、インリフトした場合に駆動力が抜けてしまうこと。

走りを意識したコペンはボディ剛性をアップすると同時に、まっさきにオプションでLSDを用意するほどのこだわり。メーカーオプションで異音の少ないヘリカル式、D-Sportではガッツリ効く機械式LSDを用意しています。

L.S.D. <COPEN Robe コペン Robe> | D-SPORT

S660にLSDが用意されていない理由は、6速MT、リア195タイヤといった装備をしたせいでデフが小さくなりすぎて入らなかった、という噂です。VSAやアジャイルハンドリングアシストといったブレーキの電子制御で調整されるのでしょうか。

気になるホンダS660のハンドリングはアジャイル!【ワンダードライビング】

ワンドラではコペンの走りの本命グレード、 Robe Sを近いうちに試乗、インプレッション予定です。S660も機会を作って試乗したいですね。


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP