ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

第4回「ミニ四駆部」企業対抗戦〜2014春の陣〜参戦レポート(1) 企業紹介・コンデレ編 #mini4wd

2014.04.14

DSC_0214

去る3/25にミニ四駆フェア2014の一環として新橋タミヤプラモデルファクトリー(以下新橋TPF)にて行われた、ワンダードライビング主催「ミニ四駆部」企業対抗戦〜2014春の陣〜にチームDTの1レーサーとして筆者・藤井アシオが参加して来ましたので、その模様をレポートします。

参加企業紹介

今回の参加企業はご覧の通り。

デジタルハーツ

RopEar

チーム養鶏場

Good Smile Company

OKWave

・中野杉並区中小企業連合会

GetNavi

ALCOT

MAX FACTORY

本田技術研究所

・津止合金工業

・DT

VERTEX

(敬称略・順不同)

ジャパンカップ会場開催を実現しすっかり有名となったこのイベントも1周年。4回目となる今回の参加企業は13企業と過去最多。

DSC_0031

会場となったおなじみ新橋タミヤファクトリーが手狭に感じられる程で、椅子まで撤去され立食パーティーのようです。

イベントは企業紹介を兼ねたコンデレから始まります。

コンクールデレガンス

今回のテーマは「実車系」

最近のミニ四駆のトレンドともいえる実車系マシンはラッピング面積も広くコンデレ人気の高いシリーズですが、個性溢れる企業レーサーの皆さんはどのように調理してくるのでしょうか。

DSC_0035
DSC_0106

トップバッターは企業対抗戦皆勤賞のデジタルハーツさん。
春の全国交通安全運動にかけてパトカーカラーのフェスタジョーヌでエントリー。

DSC_0037
DSC_0118

ミニ四駆もできる趣味BAR「Shuminova」を経営する常連RopEarさん。前回コンデレ優勝チームが今回用意したのはShuminovaのマスコットキャラクター「シュミノバうさぎ」をちりばめたキュートなアストラルスター。

DSC_0043
DSC_0101

ゲームメーカー養鶏場さんのコンデレマシンは会社のデザイナーさん作の痛車アストラルスター。イラストは描き下ろしだそうで、コストかかってます。

DSC_0047
DSC_0107

ねんどろいどで有名なグッドスマイルカンパニーさんは造形屋のスキルを見せつける徹底改修されたシングルシートコペン。
残念ながら塗装が間に合わずという事ですが、これは完成が待ち遠しい出来栄え。

DSC_0052
DSC_0099

2回目以降全戦参加ながら未だ勝ち星無くリベンジに燃えるOKwaveさんはLEDのヘッドライトを輝かせたメタリック調のコペンで参加。
バンパーやローラーまで含めたトータルコーディネートも高ポイント。

DSC_0057
DSC_0120

お次は初参加となる中野杉並区中小企業連合会さん。

プロダクトデザイナーのヤマザキさん&「アストラルスターの人」根津さんが首謀するというミステリアスなこのチームは、お二人がプロデュースしている「脳内解放協会(コスプレイベント)」&「product_c」&「zung_desig」のトリプルコラボな痛車アストラルスターで参上。口上だけで凄そうですが、よくよく見るとマスダンパーはボディに埋め込まれ1つのデザインとして処理されているあたり流石デザイナー集団、細部へのこだわりが徹底しています。

DSC_0061
DSC_0104

素敵なハッピがトレンドマークなミニ四駆超速ガイドでおなじみGetNaviさん。タミヤ本社に展示してあるワーゲンオフローダーを再現したモンスタービートルで参加。

DSC_0073
DSC_0110

ゲームメーカAlcotさんのマシンは同社の新商品をテーマにした痛車コペン。
良く見るとフロントウインドウが透明ですが、これは単なる透明プラの置き換えではなくヒートプレスで制作との事。
シャーシとローラーのカラーマッチングも素敵ですね。

DSC_0076
DSC_0122

常連マックスファクトリーさんは制作者がハマっているというアニメのキャラクターをモチーフにしたコペンで参加。
キャビンに乗ってる自作フィギュアは頭にネジがささっ......ているのではなく、これはマスダンパーにもなる機能部品。芸が細かい!

DSC_0085
DSC_0123

お次は初参加となる本田技術研究所さん。親子二人でのご参加です。

まさか天下のHONDAが会社直々にミニ四駆イベントに出向いて来るとは...これが今のミニ四駆パワー!
コンデレマシンはNSXコンセプトに似ているという理由から白いフェスタジョーヌ。しっかりアシモも乗ってます。


DSC_0090
DSC_0113

みによんくチャンネルの管理人、とよしま氏率いる津止合金工業さんは会社の営業者をコンセプトにした戦闘力の高いTRFワークスJrで参加。

公式戦チャンピオンズまで引き連れた自他ともに認めるおとなげな...もとい「カツいチーム」はタミヤ製品を自社加工したという19mmAA(マシン左上)をお土産にもってきたりとやりたい放題。流石です


DSC_0091
DSC_0111

チームDTが今回用意したのは6輪仕様のランチボックス。

企業対抗戦のコンデレはインパクトが高評価とばかりにハッタリ感を盛り込んでみたらネタ車はDTのみ。これはもしかするともしかするかも?!

DSC_0097
DSC_0115

VERTEXさんはGULFカラーのフェスタジョーヌでエントリー。造形屋らしい素晴らしい塗装が目を引きます。

実車レースカーの雰囲気満点でコンデレ御用達のラジ四駆用ナット止めホイールをオレンジに塗って足回りもバッチリぬかりありません。


以上、参加13チーム全てのコンデレマシンが出そろった所でコンデレスタート!

この中から各チーム2票毎の得票数で決められる企業賞と本職のカーデザイナーでもあるヤマザキさんが選ぶワンドラ賞の二台が選出されます。

DSC_0150


注目の結果は...


企業賞 チームDT
ワンドラ賞 マックスファクトリーさん

うーんやりました!6輪車強し、です。

やっぱりミニ四駆のコンデレはハッタリは大切ですね。

DTcon.JPG

ちなみにこのマシン、FM化して単5電池使用に切り詰めたS2シャーシに、さらにS2シャーシのフロントを強引に繋いで作った6輪駆動車でちゃんと走る!ヘッドライトも光る!...がウリ。コンデレとはいえ、走ってこそのミニ四駆ですからね!

とはいえ、実際は減速比を合わせてないなんちゃって6輪駆動なので本当に走るとあっという間にギアが逝きそう。
走行性能はあくまでコンデレ並ということで。

DSC_0164

ワンドラ賞となったマックスファクトリーさんのコペンは、機能部品であるマスダンパーをうまくデザインとして扱っている所が高く評価されていました。

ミニ四駆のコンデレは単なる模型のコンテストとは一味違った「ミニ四駆らしさ」が評価されてナンボですから、これは納得の選出ですね。


これにてコンデレは終了。
いよいよレース、スタートです!

(続く)

【Amazon】 レーサーミニ四駆シリーズ No.82 ダイハツ コペン XMZ (スーパーIIシャーシ) 18082
B00GNVKUC8

【Amazon】 レーサーミニ四駆シリーズ No.81 ダイハツ コペン RMZ (VSシャーシ) 18081
B00GNVKU8C

【Amazon】 ミニ四駆PROシリーズ No.37 フェスタジョーヌ (MAシャーシ) 18637
B00GH1N4MM

実車系ミニ四駆が最近熱い!


この記事を書いたライター

執筆記事一覧

イラストレーター

藤井アシオ

フリーのイラストレーター。デザイナーとしての業務も請け負う関係でチームDTのメンバーに所属中。元エンジニア出の設計中毒者で、模型歴28年を超える筋金入りのホビーマニアでもある。ミニ四駆歴も相当に長く、知識と技術をフル活用した精度の高いマシン作りが得意。


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP