ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

第3回 「ミニ四駆部」企業対抗戦~ジャパンカップ2013の陣~開催レポート(2)予選リーグ #mini4wd

2013.10.31


DSC_0444
(VERTEXさんによる素晴らしいダブルハイタッチ)

15企業 47名の参加による「ミニ四駆部」企業対抗戦。その戦いの舞台は憧れのジャパンカップ、2013のスペシャルステージです。

時間もピットスペースも少なくコース周辺でワラワラとセッティングを繰り返して臨んだ予選リーグ。決勝トーナメント進出はどの企業でしょうか?


【団体戦ルール】

・今回のレースは2名1組による団体戦。

・1LAP5周のうち、2周して第二走者へバトンタッチ。

・バトンタッチの場合は「ダブルハイタッチ」を行う。

DSC_0319


第一走者がマシンをキャッチ、電源オフ。
カゴの中にマシンを入れる(安全のため)
ハイタッチ!
2名ともくるっとまわる
ハイタッチ(2回目)
第二走者がカゴからマシンを取り出し、スイッチオン。
同じレーンから走行再開

勝利の行方はこのダブルハイタッチにかかっているといっても過言ではありません。

・ジェントルマンスタート

女性が相手の場合、レディファースト。男性は女性がスタートしてしばらく待ってからスタートする、男気が試される方式。待てば待つほどカッコイイ、さらに途中で逆転するとカッコイイ、惚れる!

【ポイント】

予選リーグは4企業ごと4リーグに分け、各企業それぞれ3レースを行います。その合計ポイントの上位4企業が決勝トーナメント進出。勝てば2点、完走1点、リタイヤ0点

またダブルハイタッチが派手、ジェントルマンスタートが素晴らしかった場合 MC判断にて「ハイパフォーマンスポイント」として +1点が加算されることがあります。

ハイパフォーマンスポイントを得るためには必ず第一走者が完走しバトンタッチする必要があるので、責任重大。第一走者がリタイヤしてしまうと、0点と痛いです。

さあ、では団体戦の方、いってみましょう。

レースダブルハイタッチの模様】

DSC_0335

DSC_0341

DSC_0345
オリジナルのパフォーマンスを入れる OKWaveさん

DSC_0352
息もぴったり、高さも十分のDTさん

DSC_0359
空中浮遊するmixiさん

DSC_0363
赤いエプロンがまぶしいマックスファクトリーさん

DSC_0365
ダンクシュートなみの高さのGetNaviさん

DSC_0370
浮いてます、ドワンゴさん

DSC_0389
これ、完全にバスケでしょ、デジタルハーツさん

DSC_0403
オリジナルダンスを取り入れる週刊ヤングジャンプさん

DSC_0410

DSC_0416
ダブルジャンプ!

DSC_0428
より高く、高く、高く! RopEarさん

DSC_0440
飛ぶALcotさんと、しゃがんで助走をつけるOKWaveさん

DSC_0441

DSC_0450
雄たけびと勢いが凄いデジタルハーツさん。でも良く見ると手がすれ違ってませんか?

特に3レース目は一発逆転、ハイパフォーマンスポイントを +2点に引きあげたので、皆さんの気合いの入り方がまた一段と高まりました。ダブルハイタッチに気を取られ過ぎて、それまでのリードを失うケースも多々あり、一発逆転のチャンスもできてレース的にはとても盛り上がりましたね。

そして予選結果は?

(つづく)



この記事のシリーズ一覧を見る

あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP