ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

ルノーメガーヌ RS TROPHY Ver. SiFo 300ch 詳細レポート(2)インテリア編

2012.07.10

(1)エクステリア編」の続き。

DSC_3850_DxO

Ver.SiFoの外観上の特徴のひとつはチョンマゲ、ルーフ上に設置されたエアスクープ。もちろんカーボン製です。

【カーボンエアスクープ】

ルーフに新しく装備されたカーボンエアスクープは機能するホンモノ。フレッシュエアをビュービュー室内に導入することができます。

DSC_3995_DxO

雨天時や風切り音が気になる、という場合に備えてエアスクープをふさぐカバーもあります。

DSC_3994_DxO

DSC_3996_DxO

外側のカバーを付けると雨や風の進入はほぼ皆無。

DSC_3794_DxO

エアスクープが取り付いた室内はエアを2又に分け、それぞれ運転席側、助手席側へと風を導きます。

DSC_3795_DxO

エアコンと同じルーバーを使っているので、回転、開閉が可能。

DSC_3796_DxO

突然の雨や、霧雨、結露などによって雨漏りするのを防ぐため、エアスクープの室内側本体には水抜き用バルブを設置。バルブに接続された透明パイプは室内の水タンクへとつながっており、多少の水が入ってきても大丈夫になっています。

DSC_3797_DxO

水タンクは汎用、ペットボトルを利用しています。

高速道路でエアスクープを使うと風がビュービュー入ってきて、扇風機でいえば「強」にしているような感じで季節がよければこれで十分涼めます。風が強い場合はルーバーを閉じれば風は防げますが、高圧の風が入り込んでいるので風切り音はどうしても侵入してしまうのは仕方ないところ。その場合は外側カバーを取り付ければ普段どおり、室内は静かになります。

【RS TROPHY内装】

Ver.SiFoのベースとなっている新型メガーヌ RS TROPHYのインテリア、装備についてご紹介。

DSC_3774_DxO

レカロ製バケットシートはサイドエアバッグ付き。

DSC_3779_DxO

本革巻きステアリング。とても握りやすいです。

DSC_3781_DxO

ペダル。クラッチは軽めで操作しやすいです。ブレーキはブレンボキャリパーがガッチリ効きますが、流す分にはそんなに制動力使いません。アクセルペダルはかなり右側、センタートンネルのそばにあるのでヒール&トーのときかかとがセンタートンネルにぶつかることもありましたが、これはやり方と慣れの問題でしょう。

DSC_3782_DxO

メーターパネル。黄色のタコメーターが鮮烈です。先代メガーヌ同様、3000回転弱から吹けきる6000回転までがパワーバンドで、グイグイスピードを乗せていけます。270キロメーター、最高速は250km/hとのことですがそこまでスムースに出そう。

DSC_3789_DxO

センターコンソール。先代同様カード型キーにスタートボタンでエンジン始動です。

DSC_3791_DxO

6速マニュアル。シフトノブは握りやすく操作感もカッチリ。今回から左上がR(リバース)となり、リングを上にあげて入れます。

DSC_3793_DxO

1000台限定生産である RS TROPHYの証、シリアルプレート。No. 0897です。

DSC_3828_DxO

サイドシルにはスカッフプレート、ルノースポールの文字入り。

DSC_3816_DxO

ドアトリム。アームレストは本革、アンロック、ドアハンドルはきれいなRを描いていてデザイン的にも統一されています。
大型ドアポケットもあり、携帯電話からペットボトルまで色々入れられます。

DSC_3817_DxO

インパネ。ルノースポール文字入りカーボン調プレートがレーシー。スピーカーのツィーターもあります。

DSC_3810_DxO

全体的に派手さはないですが、シックでオシャレな印象。要所要所を押さえることで、さりげないスポーツ性を醸し出しています。実際走ってみるとその飛び抜けた走りに驚くことになるわけですが、なにせニュルブルクリンクFF最速です。

サイドブレーキは先代のバー式と異なり、通常の引き上げ式になりました。

DSC_3812_DxO

助手席側レカロシート、シートリフター、サイドエアバッグ付き。シートの座面は結構高く、足下も広々。シートベルトは黄色、ステッチも黄色です。

DSC_3799_DxO

広大なリアシート。ここに180cm近い大人 3人乗っても十分なヘッドルーム、ニースペースが確保されているのですから驚きです。ウィンドウは小さいので景色を楽しむという雰囲気ではありませんが、飛行機と考えれば十分。包まれ感もありリアシートも快適。

DSC_3751_DxO

居住性も高ければ、積載性も相当です。そっけないリアトランクですが、3ドアとは思えないほど容量はたっぷり。シートを倒せばもちろんさらに広がります。

DSC_3762_DxO

デザイン性が高い上に居住性、積載性も高く実用的というFF最速メガーヌ。バカンスを楽しむフランス人恐るべしといったところでしょうか。

次回はその走りに迫りたいと思います。

つづく)⇒▼ルノーメガーヌ RS TROPHY Ver. SiFo 300ch 詳細レポート(3)ハンドリング編【ワンダードライビング】


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP