ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

MINI CROSSOVER(ミニ・クロスオーバー)COOPER S ALL4(オールフォー) 試乗インプレッション

2011.09.06 寄稿者: のま元記事

MINIの中でもとても注目度の高い4ドアモデル、クロスオーバー。こちらの最上位グレード、Cooper S ALL4の試乗インプレッションです。

CIMG0735

MINI CROSSOVER(ミニ・クロスオーバー)ONE 試乗インプレッション」に引き続き、ついに待望のCOOPER Sの4輪駆動バージョン、 ALL4(オールフォー)6速ATに試乗してきました。

▼メーカーサイト⇒MINI Japan - MINI Cooper S Crossover ALL4

以前は1.6Lの98馬力のベーシックバージョン ONEでしたが、今回はターボ付き184馬力かつ4WDです。その違いやいかに?

CIMG0712

今回は自分のクルマ、MINI Clubman Cooper S (6AT)で行ってすぐに乗り換えたので、着座位置やドアの小ささなどやはり違いを感じます。多少着座位置は高く、より最近の乗用車的。といってもそれはMINIと比べてのことで、一般のコンパクトカーやミニバンから乗り換えると違和感がないことでしょう。

乗り出してすぐ気付くのは乗り心地の良さで、よく足が動いてしなやかにショックを吸収。とても高級車な感じです。

まず試したのが動力性能。184馬力にパワーアップしたエンジンはどうでしょうか? 車両重量が1440kgとClubmanより 200kg近く重くなっていますが、重さは感じないほどのダッシュ力。ブレーキが良く効くと定評のMINIなので、ブレーキもしっかりしていてパワーに見合っています。ただその分減りは早く、うちのClubmanは 3年、3万キロでフロントのブレーキパッド&ディスク交換、3年半でリアのブレーキが減って現在警告灯がついたほど。

次にハンドリング。ハンドルを切ったら切っただけロールして、普通のMINIとは違いストロークで曲げる感じ。リアもいい具合にロールするのでより曲がりやすいフィーリングです。MINIは「ゴーカート・フィール」を全面に出していますけど、このCROSSOVERについてはそんなにゴーカートっぽいわけでなく、こちらもより乗用車的。とても乗りやすいです。

ちょっと気になったのはコーナリング中のタイヤのグニャグニャ感。なんだか横剛性が弱くて負けてるなあ、と思っておりてみたらそれもそのはず、スタッドレスタイヤでした。

CIMG0734
(ダンロップ DSX-2 205/60R16 )

▼メーカーサイト⇒新次元・氷上性能へ。DSX-2 | スタッドレスタイヤならダンロップ【ダンロップスタッドレス】

考えてみればルーフにはキャリアも装備されていて冬山仕様でしたから、当然といえば当然ですね。

CIMG0714
(センターコンソール)

CIMG0715

センターコンソールには「SPORT」ボタンが装備され、押すとプログラムが変わりATは自動的に「DS」モードへ。シフトアップを抑制して加速力を高めます。他にもアクセルレスポンスがアップしたり、ハンドルが重たくなるなど「その気」にさせてくれるモード。

その右にある「DSCオフ」ボタンはうちの初期型Clubmanと違い長押しではなく、1回押すだけで解除可能。よっぽどドイツやヨーロッパの人はDSCが嫌いなのでしょうか? ルノーもDSCオフで完全に解除できるのを生き生きと謳っていたので、

「レギュレーションだから一応つけとくけどさ、そもそもクルマってドライバーが制御するもんだろ

という隠れたメッセージを感じます。

CIMG0716

ウィンドウスイッチもセンターコンソール。4ドアなので前と後ろのマークがそれぞれあり、4つボタンに増えてます。フォグランプ、リアフォグランプのボタンは下に追いやられてしまいました。左右にあるシートマークはシートヒーターです。これは雪山仕様にはあるとうれしい装備ですね。

CIMG0717

エアコンスイッチはMINIマークをあしらったデザイン。オートエアコンが標準装備です。

CIMG0718

ドアマウントのスピーカーはオプションのhaman/kardonの HiFiラウドスピーカー・システム。ドアのかなり上、耳に近い位置にあるのでとてもいい音でした。これはいいですね。

CIMG0721

オーディオはメーターパネルの下に集中しました。左がセレクタ、右がボリューム(逆かもしれません?)。ちなみに前期型のMINIはセレクタが中央にあり、ボリュームは下にありましたがまとまった形です。

CIMG0719

気になる燃費は、試乗車にも関わらず 9.1km/Lとなかなかのもの。私のClubman Cooper Sが街中でだいたい9.5km~10.5km/Lなのでそんなに変わらないですね。

CIMG0726
(サンルーフスイッチ)

CIMG0723
(サンルーフ)

チルト&アウタースライドサンルーフです。リアもサンルーフになっていて、日差しが燦々。ヨーロッパの人はサンルーフ好きですね。もちろん純正ルーフキャリアとは干渉しない、絶妙なクリアランスになっていました。

CIMG0724
サイドブレーキは特徴ある、バータイプ。解除スイッチはバーの下にあります。

CIMG0727
左右独立後部座席、セパレートなので荷物室がよく見えます。このセパレートシートがCROSSOVERのいいところだと思うんですけど、日本市場ではベンチシート5人乗り仕様が人気だとか。。リアシートはスライドとリクライニングも可能です。

CIMG0736

ということで、すっかり楽しんでしまった MINI CROSSOVER COOPER S ALL4の試乗でした。

見た目はとてもスポーティ、でも実際乗ってみると乗用車的で使い勝手も4ドア(5ドア)なので普通。ALL4で車高もそこそこあるから北国でも雪山もOK。一番「つぶしのきくMINI」といってもいいかも知れません。

そしてMINIのおしゃれさ、そしてスポーティさはそのままキープ、特にターボエンジンの加速力はそんじょそこらのSUVとは一線を画すもの。でかくて重くて、といったイメージはありません。スポーツSUVとでも言ったほうがいいのでしょうか。このクロスオーバーでWRCに参加しているのも理解できます。

▼メーカー、WRCサイト⇒MINI Japan - Motersport - WRC

CROSSOVERでは2WDの ONE, COOPER, ターボ付きの COOPER S、そして4WDの COOPERS ALL4と4タイプを用意。きめ細かいグレード構成で人気なのもうなづけます。これでベーシックグレードのONEと最上位のALL4を試乗したわけですが、どちらもいいですね。なぜかというとキャラがはっきりしてるんですよね。グレード間のカニバリズムがないというか、きちんと用途や自分の嗜好性がはっきりしていれば、グレードで迷うことはあまりないのではないでしょうか。

もし私がCROSSOVERを買うとしたら?

4WDは特に必要ないので、2WDの COOPER Sでしょうか。でもそれだと今のClubmanとさほど変わりませんねw

MINIからMINI CROSSOVERに乗り換える人もおおいんだとか。どうしても4ドア(5ドア)がいい! という方にとってはMINIの中で選択肢が増えたので、うれしいでしょうね。私は基本的に小さなクルマが好きなので、今度でるというMINI クーペに興味津津です。

さて同時にMINI Clubman のスポーツモデル、 John Cooper Works (JCW)にも試乗してきたので次回はそのレポートを。なんとMINI試乗初の6速マニュアルのです。その走りはいかに?

MINI Clubman John Cooper Works (JCW) 6速マニュアルの試乗レポート【ワンダードライビング】


【Amazon】
プレイキャスト ミニクーパー JCW
B004H7APKM


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP