ワンダードライビング[wonder driving]

乗り物とホビーのブログメディア ワンダードライビング[ワンドラ]

PICK UP

phazer_proj.jpg

ヤマハFZ250 PHAZER(フェーザー)1985年式 レストア記

時代は「エアロ」ミニ四駆REV・ARシャーシ!静岡ホビーショー2012開催 ~ミニ四駆編~ #mini4wd

2012.05.19

20120518_091314

プラモデルの聖地、タミヤの本拠地、バンダイのお膝元にして、いわっちの実家(笑)である静岡で開催されるお祭りに参加してきました。

今回は、ミニ四駆編ラジコン編その他編という3部に分けていきたいと思います。
 

ではまず、ミニ四駆編から...
 

20120518_10133320120518_101319

入場して最初に行ったのは、もちろんタミヤブース
「エアロアバンテ始動!」「ジャパンカップ復活!」というキーワードが目につきます。

20120518_094307
20120518_095053 20120518_095046 20120518_095102
20120518_095937 20120518_095948 20120518_095959 20120518_10001120120518_100023 20120518_100033

コチラが噂の「エアロアバンテ」です。F1マシンのようなデザインで、超カッコイイです!個人的には、特にリヤ周りのデザインが気に入りました。

更に、新シャーシも採用されております。

DSC_3255

その名も「ARシャーシ」!より実践的なシステムが、ふんだんに使われています。

20120518_101501

今までのミニ四駆は、シャーシの上からバッテリーや、モーター(Xシャーシ・XXシャーシを除く)を取り出していました。しかしARシャーシは、ボディを着けたままバッテリーとモーターの交換ができるのです!

DSC_3271

シャーシ底面にカバーを採用することにより、素早いピット作業だけでなく、低重心化にも貢献しています。
耐久レースなどで、真価を発揮しそうです。

DSC_325920120518_101527

駆動系は、VSシャーシやSⅡシャーシを流用しているので、極めて優秀です。ノーマル状態の駆動音も聞かせてもらったのですが、MSシャーシ並に静かで驚きました。
ただ個人的には、XXシャーシ以上の重量と剛性に不安を感じました。

DSC_3270DSC_3260

ミニ四駆が生まれて今年で30週年。その間、ドライブシャフトを支え続けていた「ハトメ」が不要になりました。耐久性は金属であるハトメに劣りますが、ここ一発での速さはそれを凌駕します。

20120518_101418 20120518_101447 20120518_101455 20120518_101512

キットの中身です。カバー等が付いているランナーを指す「Aパーツ」がかなり減った(=パーツひとつあたりが大きくなった)印象があります。
 
DSC_3264

少しマニアックな点です。今回のキットで採用されるのは、通常の「ABS製」。今後のラインナップでは、「ポリカABS製」、「カーボンファイバー製」の展開もあるようです。
また、展示車両が「テスト打ちモノ」ということもあり、金型番号は確認できませんでした。
 
 

20120518_102329

新製品はエアロアバンテだけではありません。グレードアップパーツや新車も盛り沢山です!

20120518_100100
20120518_100108 20120518_100115 20120518_100200 20120518_10030720120518_100312

みんな大好き、FRPプレートに新色が登場します。鮮やかな「赤色」が、注目を集めます!
硬さとしては、通常食の「黒」と以前限定パーツとりて販売された「ナチュラル」の、『黒寄りの真ん中』という印象でした。

20120518_100415
20120518_10042620120518_100433

コチラは、様々な場所で話題となっている新型のホイールです。
一見、新デザインのホイールにしか見えませんが、ホイール径が若干大きくなりました。一方でタイヤを薄くしたことにより、ジャンプ後の着地時のショック吸収率が向上しました。

DSC_3284

シャフト刺口の先端に、小さな段差があるのがお分かりでしょうか?この段差があることによって、ホイールを着けた時の「ガタ」が減少するのです。つまり、このホイールに取り換えるだけで、クリアランス調整ができてしまうのです!これは便利だ。写真は「60mmシャフト対応モノ」ですが、「72mmシャフト対応モノ」にも同様の加工が施されています。

20120518_100442

昔懐かしの、スタイリングメッシュの白色も発売されます。染料を使えば、自分好みの色に染めることができそうです。

20120518_10051620120518_101918

ジャパンカップ開催を記念して、「ハイパーダッシュ2モーター」が限定ラベルで販売されます。

20120518_10052420120518_101904

記念すべき、グレードアップパーツ第1号の「ハイパーミニモーター」も再販されます。アイテムナンバーから、驚くべきことに、スポット生産や限定販売ではなく、通常販売されるようです。
また、公式レースでも使えるので嬉しい限りです。

20120518_100529

先日発売された、「トライダガーXX クリヤスペシャル」に同梱されているボディが、パーツとして販売されます。

20120518_10053920120518_100605

最近シリーズ化している、「ダッシュ四駆郎」の登場車のリメイクモデルです。コチラは「ダッシュ0号・地平(ホライゾン)プレミアム」です。

20120518_10064020120518_100648

コチラは「ファイヤードラゴン プレミアム」。あ、カッコイイ...買おう(笑)

20120518_100710

蛍光ピンクのホイールがイイネ!

20120518_102659

まだまだ新商品は続きますよ~

20120518_102711
20120518_10273120120518_102755

昨年発売された「オープントップシリーズ」からも、新製品が登場。
「トップフォースエボリューション」、「コンカラー」のオープントップ仕様です。

また、このオープントップシリーズはなんと、コラボ企画があるそうです!
それはどこかというと...

20120518_102141

なんと、ねんどろいどぷちとコラボするそうです!

DSC_3327DSC_3328
(※電撃ホビーマガジンブースより)

イメージとしては、こんなカンジなようです。あくまでイメージですので、実際の商品とは異なる可能性があるようです。

20120518_102810

昔懐かしのマシンたちも、スポット生産されます。

20120518_102803

特に驚いたのがコチラ、「アバンテjr スモークキャノピーボディ」です。

20120518_103004

実はこのボディ、通常のABS製なんです!どうしてキャノピーだけスモークなの...?

DSC_3289

なんとキャノピー部のみ、ポリカーボネート製なんです。
ボディの金型に青部分の原料を流し込む前に、キャノピー部のパーツをはめ込むことによって、このような仕上がりになるようです。すげー

20120518_103017

大好評のポータブルピットも、限定色と限定ステッカーが付いて新登場。

20120518_103026

ミニ四駆30周年を記念した「限定ワイン」も登場。
お酒は20歳になってから! 飲酒運転ダメ、ゼッタイ!

20120518_103035

タミヤマグカップ...レーサーミニ四駆?

20120518_10304220120518_103048

そう。カップ側面には、歴代のレーサーミニ四駆のシルエットとマシン名が描かれています。今後、フルカウルミニ四駆版やエアロミニ四駆版が出る伏線ですね(笑)

20120518_102149

ジャパンカップ2012の開催スケジュールです。なにか熱いものが込み上げてきたそこのアナタ!さっそくマシンを作って参加しましょう!!
 
 
 

今年のタミヤはホンキです。マシンひとつ・パーツひとつ・企画ひとつを取っても、クオリティが各段に違います。それだけタミヤにとって、ミニ四駆にかける思いの強さが伝わってきます。

近年、ホビー界でミニ四駆が再び注目を集めています。これは、「第3次ブーム」が見えてきた証でしょうか?
 

とにかくおいらは、ジャパンカップの店舗推薦枠がいただけるよう、頑張ってマシンを仕上げていきます。
 
 

でゎでゎ

【Amazon】ミニ四駆REVシリーズ No.01 エアロ アバンテ (ARシャーシ) 18701
B00829SSOQ


あわせてこちらの記事もいかがですか?

サイト内検索

人気記事ランキング

もっと見る

新着記事

もっと見る

アーカイブ

電子書籍「ミニヨン技術」

月刊ミニヨン技術 vol1
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol2
新品 \324

amazonで購入

月刊ミニヨン技術 vol3
新品 \324

amazonで購入

流しのミニヨン・レーサー北川【第1部】
新品 \324

amazonで購入

ワンドラ・オリジナルiPhoneアプリ

匿名型位置共有アプリ「レーダーマップ」は待ち合わせ、ドライブや旅行先、ディズニーランドに最適。ID不要ですぐに使えます。

レーダーマップについて詳しく
PAGE TOP